葉酸サプリ 過剰摂取

葉酸の過剰摂取は体にどの様な影響が出るの?

妊娠前や妊娠中に必要不可欠といわれている葉酸。妊娠初期には特にその摂取が必要で、胎児の成長に大きく関係があり、摂取量が足りないと、赤ちゃんの神経管に閉鎖障害が出るとも言われています。
 
妊娠を計画している人や、妊娠中の女性の一日の葉酸の摂取量は、一般の人の摂取量の倍ほどの量が必要となります。
 
一日に400マイクログラムが必要となり、最高でも1000マイクログラムまでとされています。それ以上を摂取すると過剰摂取となるために、注意が必要です。
 
食品から摂取する葉酸は、水や熱に弱いことから、たとえ多く摂取したとしても、尿や便と一緒に排出されます。そのためほうれん草のような葉酸を多く含む食品をたくさん食べたとしても、吸収率は50パーセント以下となるため、過剰摂取になることはないのです。
 
反対に、食品からだけでは必要な量を摂取することは難しいので、サプリメントで補う必要があります。しかし、サプリメントを必要以上に飲み過ぎてしまうと、過剰摂取により副作用などの影響が出ることがあります。
 
葉酸のサプリメントを過剰摂取した時の副作用としては、むくみ、食欲不振、吐き気、不眠症などがあげられます。
 
これらの他にも発熱を伴った蕁麻疹や、皮膚に赤い斑点が出る場合もあります。この赤い斑点は毛細血管が拡張することによって引き起こされます。さらに原因がわからないかゆみ、呼吸障害が起こる可能性もあります。
 
葉酸は妊娠中には欠かすことのできない栄養のひとつですが、過剰摂取をしてしまうと健康被害を引き起こすだけでなく、おなかの赤ちゃんの成長にも影響を及ぼすことにつながります。
 

海外では、葉酸の摂取のしすぎで、赤ちゃんがぜんそくになる確率があがるという報告もされています。このような情報により、葉酸は危険と勘違いしてしまう人もいますが、あくまでも過剰に摂取しすぎた場合の例であり、妊娠中には必ず必要な栄養です。
 
赤ちゃんの健康を維持するだけでなく、貧血やめまいの予防など、母体にも様々な効果を発揮します。規定の量を守り、しっかりと摂取するようにしましょう。